町屋の守り神、鍾馗さん

先日、京都 御池通りを歩いていたら目に入ったのが屋根の上の「鍾馗(しょうき)さん。それも黄金色だから目立っていた。
鍾馗は中国に伝わる道教系の神様。それが、京都に伝わったのが江戸時代と言われている。
当時は、疱瘡(天然痘)除けなどに効果がある”守り神”として屋根に備え付けられたものである。
その風習がいまも厄除けとして町屋、花街界隈ではよく見られる。写真にある黄金色の鍾馗は珍しい。
なぜ黄金色なのかは不明ではあるが、この輝きが魔除けに絶大なる力を発揮するのかもしれない。

※瓦製鍾馗はネット画像を転載

e0365551_16242662.jpg

e0365551_16243887.jpg
e0365551_16245442.jpg



#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://yujiwatana.exblog.jp/28732632